1. ホーム
  2. 公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. スタッフコラム15話目

愛犬の肝臓の数値が気になったら

015-H.jpg

パートナーはこれまでと変わらず元気。
なのに、健康診断で肝臓の数値が高いことがわかり慌てた、という話はよく聞きます。

肝臓はとても働き者。
働き過ぎのときは血液検査の数値にあらわれます。

肝臓が疲れてしまう原因を知っていれば負担がかからないように気をつけてあげられます。
今回はパートナーの肝臓の小話をGREEN DOGのスタッフが説明します。

肝臓の役割

人も犬も共通ですが肝臓には主に3つの働きがあります。

① 栄養素の代謝
    タンパク質、糖質、脂質の分解や再合成、脂溶性ビタミンの貯蔵。

② 有害物質の解毒
    体にとって毒になるものを無毒化(中和)。

③ 胆汁の製造
    主に脂肪の消化を助ける胆汁を製造。

パートナーの肝臓の数値があがる原因

基本的には健康なパートナーの場合、次のようなことで数値があがることがあります。

・酸化した食べ物
 ⇒うっかり賞味期限切れのフードやおやつを与えていた。
 ⇒ドッグランに落ちていたジャーキーを拾い食いした。

・脂質の過剰摂取
 ⇒運動不足のうえに脂質たっぷりのフードやおやつを食べている。
 ⇒単純に食べ過ぎている。

・投薬
 ⇒口から入った薬は肝臓で解毒されるため肝臓はいつもより仕事が多い。

・性格
 ⇒怒りっぽい性格は肝臓に負担がかかる。
 など。

肝臓をいたわるためには

・運動量に合わせた食事量にする
 ⇒多くのパートナーの肝臓の不調は食べ過ぎが原因といわれています。
  運動量が少ないなら、食事も適量にセーブしましょう。

・栄養バランスを整える
 ⇒犬にはお肉!と聞いて、肉だけ与えていたら不調になったパートナーも。
  バランスの良い食事は肝臓の修復のためにも健康維持にも大切です。

・水分摂取を充分にする
 ⇒胆汁が肝臓や胆嚢の中で滞らないように水分をしっかり摂ることが大事。
  胆汁が流れないせいで肝臓の細胞が傷つくことがあります。
  水分がスムーズに流れるためには運動量(筋肉量)もしっかり必要。
  運動ができないシニア犬にはマッサージをしてあげましょう。

・しっかり運動する
 ⇒運動は健康の基本。肝臓だけでなく体の機能維持のために必要です。

肝臓が気になるときにおすすめの食事

<脂質が少ないライフード>
ファットドッグス ドライドッグフォーミュラ

Yum Yum Yum!シニア&ライト チキン ドライタイプ

<肝臓の栄養になるトッピング>
レバエイド

<肝臓の解毒の仕事の際に必要なものを補うサプリメント>
コエンザイムQ10


まとめ

「沈黙の臓器」なんて呼ばれる肝臓。
放っておくと気づかぬうちに重い症状に発展してしまうことも...。
何か大きなストレスがかかっているときも注意してあげてください。

今回ご紹介したのはほんの一部。
パートナーの症状によっては対処方法が異なることもあります。
まずは定期的な健康診断を受けて早めに気づけるようにしてくださいね。


もし分からないことやお悩みがあればいつでもGREEN DOGのケア・カウンセラーにご相談ください。
どうかみなさまとパートナーがより健康で笑顔でいられますように。
▽GREEN DOG健康相談(無料)

商品を探す
取り扱いブランド一覧
商品カテゴリ
このページの先頭へ
  1. ホーム
  2. ネットショップ
  3. 特集一覧
  4. スタッフコラム15話目