GREEN DOG(グリーンドッグ)公式通販

  1. ホーム
  2. GREEN DOG公式通販
  3. 犬との生活特集一覧
  4. <これなら続けられる> パートナーがデンタルケア好きになる方法、教えます

<これなら続けられる> パートナーがデンタルケア好きになる方法、教えます

<これなら続けられる>パートナーがデンタルケア好きになる方法、教えます

3歳以上の犬の約80%は歯周病。デンタルケアは継続が大切です。

犬の約80%は歯周病。
獣医師/ホリスティックケア・
カウンセラー 伊東 希

犬は人より歯周病になりやすい

人の口内は酸性で虫歯の原因菌が繁殖しやすいのに対し、犬の口内はアルカリ性で歯周病の原因菌が繁殖しやすいといわれています。症状が進むと最終的には歯が抜け落ちたり、全身の内臓に悪影響を与える場合もある、怖い病気です。

歯周病の原因は、歯石!

歯石は、歯垢に唾液中のカルシウムなどが加わって石灰化したもの。 歯石があるとその上にさらに歯垢が付きやすくなり、どんどん歯石が厚くなっていきます。歯石がたまると、歯肉に炎症が起こり、歯周病となります。

2~3日に1回はデンタルケアを

犬は、約3~5日で歯垢が歯石に変わります。(人は約25日)だから2~3日に1回はデンタルケアを行い、歯石を予防しましょう。

歯磨きが好きな犬はわずか18%*!続けるコツは「手早く」「無理しない」こと

デンタルケアは「嫌がらない工夫」が大切

デンタルケアは「嫌がらない工夫」が大切

多くの犬は歯磨きが苦手。だから、まずは、今パートナー(愛 犬)が受け入れられる、無理のないデンタルケアを行いましょう。 また、楽しく無理せず行える工夫があるデンタルケア用品を選びましょう。

デンタルケア用品は安全性もチェック

パートナー(愛 犬)の口に入るものだから、デンタルケア用品は食品と同じ。GREEN DOGは安全性に問題がないかしっかりチェックした商品だけを販売しています。
*2009年アニコム社調べ

要チェック!
ベストは歯ブラシでのケア。少しずつトレーニングしよう

「嫌がるから」とケアをやめてしまうよりは、簡単なケアでもしたほうが絶対良いです。また、歯石を予防するためには、歯ブラシを使ったケアが有効です。 歯ブラシを使わずにケアをしている場合は、少しずつトレーニングを行いましょう。

トレーニングの
詳細はこちら
ステップアップトレーニング
  • レベル①
    お口を触らせてくれない

    お口の中を触れるトレーニング

    レベル②
    お口は触らせてくれるが歯ブラシは嫌がる

    歯ブラシを使ったトレーニング

    レベル③
    歯ブラシでケアできる